スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the smiths

a75ac5aaf2886a36.jpg
だいぶ、というかかなり間が空いてしまったが、ブログ再開といきたい!

ということで、相変わらずスミス関連を紹介していきたいと思います。
最近スミス中毒もかなり鳴りをひそめきたと思っていたが、いまだに
たまに気がつかぬうちに、BACK TO THE OLDHOUSEを聴いていたりする(汗)
まあこの曲はスミス初期の曲であり、僕としては編集盤ハットフルオブホロウ
収録バージョンのほうがより哀愁が感じられていい。この曲弾いてみると
意外に難しい(汗)最初はまったく弾けなかった。音取れないし(悲)
自分は3フレットにカポを付けて弾いているが他の人は一体?????

The+Smiths.jpg
それで話は変わるが僕は前までは今回紹介する1ST THE SMITHSはあまり
好きではなかった。でもとりあえずちゃんと聴きこもうと思い聴いてみると
中々どうしてこれが悪くないむしろ最高じゃないか!!!
ちゃんと聴かないのは僕の悪い癖でありその迷惑な癖のおかげでこれまで
素晴らしいアルバムたちを何枚も聴き逃してきた(悲)最近ではAZTEC CAMERA
が代表的な例である。

さて長話もここまでにして本題に入りましょう。まずこのアルバムは全体のサウンド
が非常に悪いといういことでよく知られている。僕個人としてはこのペラッペラな
サウンドが大好きなのであるイエモンのエクスペリエンスまでのアルバム、Xの
VANISHING VISION、BUCK-TICKの悪の華までのアルバム、BOOWYのMORALなどきりが
ないからやめましょう(笑)ともかくそうゆうことでサウンド自体は好きな部類に入るかな。
ジョニーは「ROLANDのJC120が第一容疑者だな!」とアンプのせいに(笑)
再録音した割にはトロイ版とあまり変わらないように感じるしね。モリッシーも再録には
積極的ではなかったらしいし。

サウンドのことばかりを書いてきたが、いや~センスだけは隠しきれないですね!このころから
ジョニーの曲作りはこのころから群を抜いていてまさに職人の域である。似たような曲があったり
するけど、この頃出回っていた音楽のなかでは一番だと思う。ジョニーこのとき21!早熟の天才!

そしてモリッシーの詩は今と比べるとずっとストレートだけど、ずっしりと心に響く名フレーズばかり
で後のソングライターの片鱗を十分にみせている。英国に対しての高らかな復讐宣言を時に可憐に
時に醜悪に歌い上げるモリッシーに衝撃をうけたのは想像に難くない。

REEL AROUND THE FAUNTAINは最初聴いたとき長いと感じたけど、今ではおわんの早いな~と感じるように
なっているところはまってしまったことを実感してしまった。
このアルバムのハイライトは僕としては、前半部かなもちろん後半のSTILL ILL HAND IN GRAVE
の構成は至高の瞬間だけど、てゆうかアルバム全体がハイライトって感じかな。

まああまり今回は語れなかったがどんどんスミスを紹介していきたい。てゆうかスミスの
ぶろぐになりつつある(汗)a75ac5aaf2886a36.jpg
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わた

Author:わた
とりあえず、ギターやってます!
プロになりたい!絶対に!
ってことで昔のROCKを紹介していきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。