スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国に咲いた一輪のグラジオラスの花束

今日は最近聴いたバンドではまりまくってるTHE SMITHSを紹介したいと思う。

8.jpg

THE SMITHSは1982年ギターのジョニーマーがヴォーカルモリッシー宅を
唐突に訪れたところから始まった。ジョニーはモリッシーの書く詩に言葉
では言い表せない可能性を感じ、自分の曲に合う詩を書いてくれるのは彼
しかいないだろうと思いたた。この一種の勘が後の英国ロックシーンに多大
な影響を及ぼすことになろうとはこの二人にはまだ想像できなかったかもし
れない。しかしジョニーには大きな自信があったと後年のインタビューにて
明かしている。

そしてリズム隊も固定されてきた。べースにはジョニーの親友アンディー
ルーク。そしてドラムにはパンク大好きのマイクジョイスが加入。この
二人が繰り出す安定感抜群のビートはスミスサウンドには欠かせない存在
である。僕はこの二人のリズム感やビートが大好きである。よくリズム隊
は違うやつでもいいというやつがいるが、とんでもないスミスは四人でスミス
である。誰かひとりでも欠けてしまったらそれは別物のバンドになってしまう。

1983年シングルハンドイングラブで華々しくデビューしたスミス。この
曲で歌われる世界は僕たちを中心にまわっていると歌いスミスは世界に挑戦状
を叩きつけた。スミスはこの年3枚のシングルのみで最優秀新人賞を獲得した。
ちなみに僕はBSでやっていたブリットポップ特集でジスチャーミングマンを聴いた
のをきっかけにスミスの世界に足を踏み入れた。

スミスのアルバムは4枚しか出ていないがその中で本格的にスミスに入れ込み
そして惚れてしまったアルバクイーンイズデットを紹介したい
the.jpg

このアルバムは一般的にはスミスの最高傑作と評されその後の英国ギターロック
の方向性を示した重要作であるとされている。実際アルバム発売20周年記念
特番が英国で放送されるなど影響力は今でもある。
最初に聴いたときはモリッシーの癖のある声に少し戸惑ったが、どんどん聴く
うちに凄まじいほどの快感が全身を支配した。そしてモリッシ-の声に絡まる
ジョニーのギターに僕は完全にノックアウトされてしまった。
この二人を見ているとBOOWYを聴いているような感覚がした。氷室と布袋
モリッシーとジョニーマーこの四人は似ている気がする。単に作詞作曲家
コンビとゆうだけではなく彼等の間にあった「愛や憎しみ」という一線を越えて
歩んできた道のりとゆうのは見事にリンクしているような気がする。

前置きが長くなってしまったがこのアルバムでスミスは社会における弱者
を書き上げるだけではなく、王室に攻撃するまでにいたってしまった。
このアルバムでのハイライトは心に茨を持つ少年そして
THERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUTだと思う。すべての曲が凄まじい
ほどの完成されているが特にこの二曲は聴くものの涙腺を刺激してやまない
と思う。このアルバムを聴いて僕はブリットポップに目覚めてしまった。
メタル一色だった自分に新たな色合いを織り交ぜてくれたスミスに感謝したい。
90.jpg

宇宙からやってきたオレンジ色の髪の火星人

今日は僕に多大な影響を与えたDAVID BOWIEについて話したと思います

1967年アルバムDAVID BOWIEでデビューを飾ったDAVID BOWIEは
当時として稀に見る異質なミュージシャンでした。
バイセクシャルを平然と公言したりジークハイルをやろうとしたり
ベルリンにおいてヒトラー擁護と取れる発言をしたりとDAVID BOWIE
は常に時代の先の先へと進んでいました。

そんなDAVID BOWIEを知ったのは僕が中3の夏ごろだったと思います。
僕の尊敬する布袋さんがBOWIEの曲をカバーしていたのが始まりでした。
「何なんだこれは!?」と最初に聞いたときの印象でした。
そしてBOOWY BUCK-TICK THE YELLOW MONKEY KYO など色々なバンド
やミュージシャンがリスペクトしていて関心を持つようになった。

そんなDAVID BOWIEのアルバムの中で僕がベストにあげるアルバムを紹介したいと思います

DAVID BOWIEグラムロック3部作の最後のアルバムDIAMOND DOGSはグラムロックの金字塔
のみならずロック史の1ページに残るであろうZIGGY STARDUSTやそのZIGGY STARDUSTに
負けずとも劣らないALLADIN SANEに比べると少し陰に隠れがちであり当時批評家達からも
批判の対象となってしまった。

bow_dogs.jpg


そんなアルバムDIAMOND DOGSだが僕はBOWIEのアルバムの中で
一番思い入れの強いアルバムである。これまで何回聴いたのかも解らない
このアルバムのコンセプトおよびベースはジョージオーウェルの1984
とゆう小説からインスパイアを受けて製作された。
ミュージカル化も考えたそうだがオーウェルの未亡人に却下されてしまい
多少のコンセプトn変更を余儀なくされた。

そのコンセプトは自らが半身半獣で退廃したみらいを予言するというもの
である。最初このコンセプトを見たとき凄まじく感動したな~
冒頭のカットアップ手法が炸裂するFUTURE LEGENDから圧倒され
永遠に周り続ける骸骨家族の歌まで一気に聴くと頭が錯乱して
一種の狂気に駆り立てられるそれでいて耽美で退廃的な世界に連れて
行ってくれるそんなアルバムである(よくわかんないか)

このアルバムでのハイライトはSWEET THING CHANDIDET SWEET THING(REPRISE)
である特にこの3曲は相当聴きまくった!大ヒットシングルREBEL REBELも
神曲である!

これ以上書いてもこのアルバムの凄さは伝わらないと思うので
ぜひアルバムを買っていただきたい。

これからもDAVID BOWIEについて書いていきたいと思います!

すべての始まり

images.jpg
日本史上最強最後のバンドBOOWY。僕はこのバンドを聴きロックに本格的に目覚めた。
そしてギタリストになろうと決意した。
きっかけは父がTUTAYAでもらったという、アーティスト紹介みたいな本だった。
それでその本を読み進めてみると4人の黒ずくめの男たちが映った
最初は正直「怖!」って思ってしまった。(すんません)しかしずっと見ているうちに
その4人の魅力にはまってしまった。まだ彼らの曲も1回も聴いていないのに。
それほどの存在感、圧倒的なカリスマ性を誇っていたのかもしれない。

BOOWYを見つける以前の僕は勉強にしてもスポーツにしても無気力で怠惰な
ひねけれたガキだった。小学校から情熱を注いでいた野球も熱が冷めどうしていいのか解らなかった。
最悪の14歳の秋。しかしその出来事と平行してロックに出会い野球という情熱のタンクを
ロックにすり替えることに成功した。そのあとはBOOWYにそしてロックに目覚めていった。
9.jpg

以前からロックにはなにか言い表せない可能性を十二分に感じていたがBOOWYと出会ったことで
その可能性を再確認できたと思う。そしてその4人の中で僕は特にギターの布袋寅泰に注目していた。
布袋さんは名前だけなら知っていたが、僕のイメージだと80年代後半に現れた歌手と解釈していた。
それがバンドを組んでいたとはそして本来ギタリストだったとは夢にも思わなかった。

映像などを見ると布袋さんのギタースタイルは日本でも類を見ない異端な存在であることが解る。
それでも彼はこのスタイルを誇りとしそれを昇華させ唯一無似のギタリストになった。
僕は映像を見ていくうちに布袋寅泰というギタリストに見惚れある衝動が体の沸点から湧き上がった。
あの感覚は野球や柔道と出会った感覚に似ているがひとつ何かが違っているような気がした。

それは本気でやってみたいという固い決意だった。ギタリストになりたいという。
そこから僕の人生は360度変わっていった。

はじめまして!

ブログ始めました!
主に昔のロックを紹介していきたいと思います。
プロフィール

わた

Author:わた
とりあえず、ギターやってます!
プロになりたい!絶対に!
ってことで昔のROCKを紹介していきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。